読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呼吸するにも意味を

本当にやることがないので日記第四弾です。

 

今日はなんだかんだ講義出たけどやっぱりやる気は出ませんでした。

なんだかんだ人と出会ってしまいました。

やはり家が一番いいです。

 

今日のテーマは「大学生」です。

 

僕自身、大学生ですが大学生のことが滅茶苦茶嫌いです。

椎茸よりも嫌いです。

 

というのは何故でしょうか。

ムカつくから。

で終わらしてはただの感情論で片付けられそうなのでダラダラと書きます。

 

その中でも特に嫌いな二大大学生を紹介します。

一つ目は、「根拠のない浮足立った自信を持つ大学デビュー」です。

 

僕の大学は地方駅弁ということもあり全国各地のセンター試験に敗北したレジェンド達がこぞって集まります。

 

そうなると、高校生活で自分が思うようなキャラを描けなかった陰キャラまたはキョロ充は周りに過去の自分を知る人間がいないのをいいことに身の丈に合わないキャラ設定で人と関わりコミュニティー内でアイデンティティーを確立させようとしてきます。

 

そういう人間は範囲の決まった閉じたコミュニティー内だと弾圧・排斥されるわけですが、大学のような自分で付き合う範囲・人間を選択できる場だと自分を受け入れてくれる同じタイプの集まるコミュニティーを総当たりで探していけば良いわけですのでよほどのことがない限りどこかしらに所属することはできます。

拒絶されないのをいいことに一人で空回りしたり、女慣れしてないのによくわからないいじりをして微妙な空気を作ったりなどの問題行為します。にもかかわらず、自分は上手くやっていけてるという確信を抱き、それが自信となり、結果として中身のない自称ウェイが量産されてしまうわけです。

自称ウェイはいわば脳が冷静になれていないので行動に制限がつかず、いわゆるDQN行為などを行い全然面白くないのに自分が面白いと勘違いし、それを吹聴する産業廃棄物です。

 

 

次に「流行に乗っているだけなのに個性があると勘違いしてるアホ」です。

量産型大学生という言葉をあちこちで聞きますがまさにこれです。

ファッションにおいてもWEGOやアーバンリサーチなんかで服を買いニューバランスを履き、聴いている音楽もフェスに行けば確実に出てるような、大学生として生きていれば誰かから教えてもらうようなバンドの曲であり、SNSで誰かがやってるような面白行為を模倣して内輪で楽しんでる。ようするにマニュアル人間なわけです。

別にマニュアル人間であることに批判はしません。コスパ良く生活を充実させるためにはマニュアルに従うべきですから。

でも、ここで腹が立つのが自分を特別な何かだと勘違いしていることです。

はっきりいってどんな大学にも最低でも1割はいるであろうキャラなのに自分のことを正しく評価せず思いあがっています。これを許すことはできない。

 

 

まああとは、コミュニティーに拒絶された同士で身を寄せ合い互いに肯定をすることで内部的な需要と供給を満たすオタク、意識の高さだけが暴走するものの具体的な行動はしない口だけの意識高い系なんかも嫌いだけどこれらは別に大学生じゃなくてもいる気がするのでまあスルー。

 

感情論だと思われないようにするためにって書いたんですが、自分の苛立ちを動力に書いた文が感情論にならないわけがなかったなって書いてから思いました。

 

でも最終的に行き着く嫌いなタイプの大学生は自分みたいなタイプの根暗クズなんですよね。同族嫌悪でしょうか。

 

大学生に関しては以上です。

 

買ったお酒が思ったよりも不味くてリピートはないなって思いました。

新しいたばこの銘柄攻めると面白いなって思いました。

目先に何かしらの予定があると息苦しくて辛いなぁって思いました。

ハチゲキの「バーティカルJ.M.ヤーヤーヤーヤード」ってあるけどこの世で一番語呂良いなって思いました。

 

これを書いてるときregaのMillion聴いてて、やっぱ名盤だなーって思ってました。

以上です。