読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エコバックのアバディーンアンガス

 

夏のうだるような暑さに完全敗北した第九弾です。

 

 

それにしても暑い。

会話の切り出しや端々に多用されるくらいには暑い。

 

 

今日はダラダラ講義を受けたのちに昼もろくに食べなかったので行きつけの二郎インスパイアに行って暴食をしました。

今の胃の環境を考えると行かない方がよかったとさえ思えます。

 

というのもあれなんですよね。

僕全く自炊できないんですよ。

いや全くってわけじゃないけど、基本フライパン使う簡単な料理か鍋くらいしか作れなくて。

かつ、極度のめんどくさがりなんで冷蔵庫の中の食材の賞味期限とか考えて料理したり買い物したりするのめんどくさいと思ってできないんですよ。

うーん、社会不適合者っぽいな。

 

 

てわけで、今日のテーマは「食事」です。

正直なところ毎日自炊する人います?

実家に住んでて黙ってても飯出る人は両親なり配偶者なりに感謝してて。

こうして一人暮らし始めると自炊とか真っ先にめんどくさくなるから全国の主婦・主夫の方がめちゃすごく見えてきますね(小並感)

 

 

小学校や中学校の頃は家庭科で調理実習やるのすごい楽しかったんだけどなー。

あの頃のモチベ、カモン。

 

調理実習と言えばさまざまな思い出があります。

一番初めに作った料理らしい料理ってチャーハンだったんですよね。

んで、いざ作るぞってなったとき塩コショウを入れる段階で確か蓋が外れたか何だったかして大量に塩コショウがぶち込まれた激辛チャーハンを生成してしまってマジでくえねぇwwwってなってたんですが、

みんなが作ったチャーハンを食べ比べよう!のコーナーに移ったとき、その時敵視してた陰キャラが俺の激辛チャーハンの魔界的テイストがツボったらしく一人で一心不乱にむさぼっててドン引きしたってのがあります。

 

あとは班ごとでハンバーグ作る授業で、

女の子がフライパンに油引いてないのに「男子そのハンバーグ焼いて!!!!」と言ってきて、「いや油引いてねーから引かなきゃいかんやろ」と反論したにも関わらず

「いいからさっさと焼け!」とのご命令をくれやがったので渇いたフライパンに肉ぶち込んだ結果、フライパンに張り付き黒焦げグズグズのハンバーグを生成した事もあります。

その後、「男子がなんか勝手に焼き始めた」と言い出し、外面はいい真面目ちゃんだったこともあり、僕らの言い分は信じられず、無事僕らは先生に怒られ、ファーwwwwwwwってなったのを覚えています。

 

 

まああとは家庭科じゃないけど理科の実験で綿菓子作るときにバーナーでプランター燃やして教室をダイオキシンで埋めつくしたことあるし、

べっこう飴作るときに、沸騰して飛び跳ねた砂糖水で見事点眼チャレンジを成功させ病院に搬送されたりと色々ありました。

 

こうして色々書いて改めて思ったのはやはり僕は自炊に不向きキャラだということです。

火を使うのも控えます。

人を殺める前に。

 

そうそう、火と言えばなんですけど、昔高速道路を走行中に喫煙してたら

不意に煙草をシートの上に落してしまい、車に物が焼ける臭いが充満し、臀部に熱を感じながら偶然にも直ぐ近くにあったSAに入り事なきを得たってことがあります。

あの時は死を覚悟した…。

 

 

 

まあ、外食はいいよねって話です。

僕はネットでもよく話題にされる孤独のグルメという漫画の影響もあり

わりと個人経営の飲食店が好きなんですよね。

 

チェーン店ってわりとどこでも食えるし特別感がないから普段腹膨らませるときは別に気にはしないけど、

どっか県外に旅行に行ったときなんかはその地方のもの食って思い出にしてーなーとは思うわけです。

これわかってもらえる人にはわかってもらえるけど、「飯なんて食えればいーじゃん」って考え方の人には一切理解されずに、結局僕が折れてどこでも食えるような牛丼やハンバーガーやうどんなどを食う羽目になるのでもっと自分強く持ちたいなって思います。

 

よくネットで「並んでまで飯食うやつはアホw」との意見を見ますが、

僕個人としては並んでまで食う価値があるものってあると思います。

まあ具体的には挙げれねーけど。

ライブ参戦しに遠征したときとか、余った時間で行列店行くと結構思い出に残るもんだし悪いもんではねーなって思います。

 

 

まとめ的な話になるけど、高校で部活をガチでやってた頃はとにかく休みたかったので食事ってなんて非効率なんや…って嘆いていましたが、生まれてから死ぬまで食に飽きることはないって考えるとやっぱ食事ってすげえなって思います。

 

というか、三大欲求に由来するものを原動にした行動はすごく力強いなーって日々思います。

睡眠不足の時に寝るために休日を潰したり、食料を求めて争いが起こったり、嘘だとも気付かずに大乱交パーティーのためにT県M市まで足を運ぶ性欲モンスターが何人もいたり。

まあ生き物が繁栄するための必須行動なのでそれもそうかって思いますが。

 

 

てなわけで特に食事らしいことも言わないままですが、食事に関する話は以上です。

 

 

 

ラーメン食ってたら横についた客が鼻息荒いし体臭キツイしで最悪でした。

 

最近18:00-20:00頃まで寝てるんだけど一日の睡眠これで賄えねーかなって思いました。

 

ラーメン食う時に髪の毛口に入りまくって一人で勝手に切れてました。

 

「話があるんやけど」っていう話の切り出され方、いつになっても苦手です。子供の頃の説教を思い出す様で。

 

Twitterでリプライ送ろうか悩むけど文章打ったところで迷惑かなって思ってやめるの結構あります。

 

煙草が尽きたので買ってこようと思います。

 

 

 

 

 

タイトルはandymoriのCITY LIGHTSからです。

ずっと意味が解らなかったけど、

牧畜のために大量の餌としての穀物を必要としてる環境に良くないアバディーンアンガスの肉を買っているのにもかかわらずエコバックで買い物をすることでエコ活動している気になっている人間に対しての皮肉だっていう説を見て奥深いわーって思って一人で感動してました。

こういうの見るたび歌詞の意味全て理解して曲聴くのってかなりハードルたけえなって思わされるばかりです。壮平本人よる歌詞の解説じゃないのでホントかどうかはわかんねーけど。

 

 

 

でもこれ書いてるときは音速ラインの風景描写聴いてました。

昔、先輩に「このボーカル何回失恋してんだよ」って言われて結構笑った思い出があります。

 

 

終わります。